HOME > JETプログラム > 一生の宝物★JET体験記

一生の宝物★JET体験記

小さな町ニセコでの大きな思い出

  • 名   前クォン・ジュヒョン
  • 配属自治体北海道ニセコ町
  • 時   期2012年4月~2015年4月
  • 職   種CIR

ニセコってどこですか?    JETプログラム合格発表を見た瞬間、喜びと同時に戸惑いを感じました。 「北海道ニセコ町」私が派遣される配置先の名前でした。日本は東京と大阪の旅行しか行ったことがなかった私に北海道は見知らぬ場所であり、カタカナで書かれた「ニセコ」というのは、より馴染みのないところでした。インターネットで探してみましたが情報が少なかっただけでなく、地図には道路が出てくるだけで建物は少なく、より心配になりました。しかし、新しい場所に行くことを好む性格と、私の担当者になってくれるスタッフの親切なメールに頼ってニセコに向かいました。そして、私が直接行って見たニセコは、インターネット上で見るのとは全く異なるところでした。世界的に名を馳せるスキーリゾートには、世界中からの観光客で溢れ、町にはニセコに誇りを持って生きている人々でいっぱいでした。また、手作りのベーグルを売る店から、駅の中にあるアンティーク調のカレー屋まで、インターネット地図には現れない素敵なお店があるところでした。人口4,800人の小さな町でしたが、それらの人々の大半は、ニセコが好きでニセコに移住した人たちでした

2017-11-16