HOME > クレアソウルの取り組み > クレアソウルメールマガジン

クレアソウルメールマガジン

日本と韓国をつなぐ最新情報を伝播する Clair Seoul Mail Magazine

  • VOL. 56
  • 2018年03月27日
  • 平昌冬季オリンピック・パラリンピックでの文化公演(富山県)
  • こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!

    今回は、先日開催された平昌冬季オリンピック・パラリンピックで行われた文化公演に出演した富山県の文化公演団を紹介します。
     
    平昌冬季オリンピック・パラリンピックが開催された韓国・江原道と富山県は「文化芸術及びスポーツ分野での交流協力に関する議定書」を1993年に取り交わしており、以降様々な分野での交流を続けています。
    今回の文化公演は江原道からの招待で実現しました。
     
    オリンピックには富山県立南砺平高等学校の郷土芸能部に所属する生徒が出演し、富山県の伝統芸能である「こきりこ」、「麦屋節」などを披露しました。
    観客は伸びのある歌声と美しく荘厳な踊りに魅了されていました。
     
    パラリンピックでは富山県内の知的障がい者でつくる音楽サークル「ラブバンド」が出演し、「上を向いて歩こう」、「韓国国歌」のほか、オリジナル曲「夢に向かって」などを演奏しました。
    演奏に合わせて観客から手拍子が起こるなど、会場は大いに盛り上がりました。
     
    今後も協定を基に、富山県と江原道の交流が一層推進されることが期待されます。