HOME > クレアソウルの取り組み > クレアソウルメールマガジン

クレアソウルメールマガジン

日本と韓国をつなぐ最新情報を伝播する Clair Seoul Mail Magazine

  • VOL. 54
  • 2018年02月27日
  • 「日本の地域とことば」で長崎県の魅力と方言を紹介!
  • こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!

    2月6日、国際交流基金ソウル日本文化センターの「日本の地域とことば」講座で、クレアソウル職員が、
    日本語を学んでいる韓国人約40名を対象に、長崎県の魅力と方言について講演しました。
     
    オランダや韓国など海外との交流が盛んだった歴史や、千近くもの島を有する地理、世界新三大夜景に
    選ばれた長崎市とハウステンボスのある佐世保市、そして、雲仙温泉や島原の城下町で有名な島原半島
    の魅力などを紹介するとともに、長崎県の方言について実演を交えて紹介しました。
     
    音韻変化の激しい難しい方言も紹介しましたが、発音のおもしろさに笑いがこぼれるなど、興味深く
    聴いていただけた様子でした。
     
    また、アンケートでは、「長崎県の詳しい説明が印象的だった」、「あまり触れたことのない内容で
    楽しい講義だった」、「長崎には2回ほど行ったことがあるが、また行きたくなった」などの回答があり、
    長崎県へ足を運んでいただくきっかけになったのではないかと思います。
     
    ○講義の様子はこちらから(クレアソウルFacebook)
    https://www.facebook.com/clairseoul/videos/1560928510611222/

     

    写真①:千の島の国~het Rijk der Duizend Eilanden~
     

    写真②:雲仙温泉(雲仙市小浜町雲仙)
     

    写真③:湧水庭園「四明荘」(島原市新町2丁目)
     
    写真④:方言(おい)