HOME > クレアソウルの取り組み > クレアソウルメールマガジン

クレアソウルメールマガジン

日本と韓国をつなぐ最新情報を伝播する Clair Seoul Mail Magazine

  • VOL. 85
  • 2019年06月12日
  • GAOK-CLAIR共同研修を開催
  • こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!

    こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!
    2019年5月22日(水)~29日(水)まで、自治体国際化協会(CLAIR)と大韓民国市道知事協議会(GAOK)の共催により、GAOK-CLAIR共同研修を実施しました。
     
    GAOK-CLAIR共同研修は、韓国の地方自治体職員を対象に、テーマに沿って日本の省庁や地方自治体等で講義や視察を行うことにより、日本の地方行政に対する理解を深めていただくとともに、日韓の地方自治体間のネットワークを構築することを目的とした事業です。
    2019年度は、「商店街の活性化(シャッター商店街対策)、空き家対策について」をテーマとし、都市再生事業等に携わる韓国の地方自治体職員15名が来日しました。
     
    行程前半の東京都および埼玉県でのプログラムでは、埼玉県や川口市における空き家対策の取組等について、続く行程後半の宮崎県では、日南市油津商店街の再生および都城市中心市街地の活性化の事例について学び、日韓の地方自治体職員による活発な意見交換が行われました。
    なお、日程後半にはクレアソウル事務所職員も参加しました。
    また、河野俊嗣宮崎県知事、﨑田恭平日南市長、岩﨑透都城市副市長への表敬や意見交換も行われ、交流を深めました。
    クレアソウル事務所では、今後本研修を一過性のものとせず、参加者との継続的な交流を通じて人的なつながりを維持・発展させるべく取り組んでいくこととしています。