HOME > クレアソウルの取り組み > クレアソウルメールマガジン

クレアソウルメールマガジン

日本と韓国をつなぐ最新情報を伝播する Clair Seoul Mail Magazine

  • VOL. 79
  • 2019年06月25日
  • 2019VISIT JAPAN韓国市場説明会・商談会が開催されました!
  • こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!

    こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!
    2019年6月5日(水)、日本側セラー(自治体を含むインバウンド関係団体等)と韓国側バイヤー(旅行会社等)との訪日旅行商談会「2019 VISIT JAPAN韓国市場説明会・商談会」が、日本政府観光局(以下、JNTO)主催のもと、ソウル市内のロッテホテルソウルにて開催されました。

    午前中の韓国市場説明会では、まず「韓国市場における訪日旅行の現況及び今後の課題」について、JNTOソウル事務所の山田所長より講演がありました。
    講演では、「最近韓国人のベトナム訪問者が増加している。」、「韓国人の海外旅行者の伸び率が鈍化傾向にある。」といった統計に関する説明や、「Play the Concept」(消費者の心を満足させるコンセプト・ストーリー)などと行った2019年の韓国での消費トレンド・旅行トレンドに関する説明がありました。
    続いて、旅行会社GLONET TOURクォン・オサン代表、MODE TOUR個別商品事業1部ヤン・ゴンソクチーム長の2人を交え、「韓国人旅行者の60%を占めるFIT(海外個人旅行)旅行者に対して効果的に地域やサービスの魅力を訴えていくにはどのような取り組みをすべきか。」などといった3つのテーマをもとに、パネルディスカッションが行われました。「韓国では、今後LCC(格安航空会社)3社が新たに参入することで、更に日本へのFIT旅行者が増えることが予想される。」、「小都市において、一番大事なことは、二次交通の整備である。」、「大都市を起点として、いかに地方まで、足を運んでもらえるようにするか工夫が必要。」など、熱い議論が繰り広げられました。

    午後からの商談会では、韓国側からは、旅行会社やホテル・交通等手配会社、ホテル予約サイト、メディアなど約90社が参加し、各ブースにおいて、商談が行われました。


    クレアソウル事務所も、説明会に参加するとともに、商談会における自治体ブースの運営支援を行いました。