HOME > クレアソウルの取り組み > クレアソウルメールマガジン

クレアソウルメールマガジン

日本と韓国をつなぐ最新情報を伝播する Clair Seoul Mail Magazine

  • VOL. 64
  • 2018年07月28日
  • 宮崎県木造軸組構法セミナー開催
  • こんにちは!クレアソウルメールマガジンです!

    7月7日(土)、ソウル特別市のCOEXで、日本の木造住宅の建築手法である木造軸組構法のセミナーが開催されました。

    これは、7月5日から8日まで、COEXで開催された韓国の建材展示会「コリアビルド」に併せて、宮崎県が主催したものです。

    セミナーでは、京都大学の中川貴文准教授による講演が行われ、同教授が開発した木造住宅倒壊解析シミュレーションプログラム「WALLSTART」によるシミュレーションを通して、日本の耐震技術や柱や梁を活用した木造住宅(在来軸組構法住宅)が地震に強いことが紹介されました。

    また、第2部では、宮崎県で木造住宅の設計、施工を行っている「ゆうぼく人」の川添英二代表から、日本の在来軸組構法(POST&BEAM)について、宮崎県の住宅、病院、幼稚園など実際の事例が紹介されたほか、韓国でも宮崎県からプレカット(※)された部材を送り、工務店が現場で組み立てることにより、工期短縮やコスト縮減に繋がっていることが説明されました。

    当日は約200名の参加があり、講演後の質疑応答では、韓国でも地震が発生していることから、住宅の耐震性の話題や建築コストなどについて多くの質問が寄せられ、最後には、宮崎県の木のおもちゃの抽選会もあり、大変盛り上がりました。
    ※プレカットとは、住宅建設に用いられる木材を工場であらかじめ機械で加工し、現場ではほぼ組み立てるだけという工法

    木造住宅倒壊解析シミュレーションプログラム「WALLSTART」
    http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~nakagawa/