HOME > クレアソウルの取り組み > 韓国地方行政研究院との連携

韓国地方行政研究院との連携

過去の開催実績

  • 2021年 共同セミナー
  • 2021日韓共同セミナー
  • 2022-03-22
  • ソウル事務所では、2009年度に韓国地方行政研究院(KRILA)*と「協力及び情報交流に関する協約(MOU)」を締結し、研究会及びセミナーの開催を毎年共同で行っています。
    今年度は、「人口減少社会における自治体の地方創生の取組について」をテーマに開催しました。
    ※詳細については、YouTube動画をご覧ください。
    https://www.youtube.com/watch?v=0EXJmcCHczc

    *韓国地方行政研究院(KRILA)・・・韓国行政安全部の傘下で、韓国の地方自治に関して総合的な政策研究を行う機関 [http://www.krila.re.kr/]

    『2021日韓共同セミナー』

    【概要】
    1 日時:2021年11月17日(水)14:00~18:00
    2 場所:オンライン開催
    3 主催:日本自治体国際化協会、韓国地方行政研究院
    4 主題:人口減少社会における自治体の地方創生の取組について
    5 プログラム:
    時 間 内 容 詳 細


    14:00~
    14:30
    30分 開会の辞 金日載(韓国地方行政研究院 院長)
    歓迎の辞 岡本 保(日本自治体国際化協会 理事長)
    祝辞 高圭倉(行政安全部 次官)
    相星 孝一(駐大韓民国 日本国特命全権大使)
    14:30~
    15:00
    30分 基調講演
    (日本側)
    山野 之義(金沢市 市長)
    15:00~
    15:30
    30分 基調講演
    (韓国側)
    金承洙(全州市 市長)

    15:30~
    15:40
    10分 休 憩



      座長 黃晳俊(慶北大学高校経済通商学部 教授)
    15:40~
    16:10
    30分 主題発表
    (韓国側)
    李濟淵(韓国地方行政研究院 副研究委員)
    16:10~
    16:40
    30分 主題発表
    (日本側)
    作野 広和(島根大学教育学部 教授)

    16:40~
    16:50
    10分 休 憩



    16:50~
    18:00
    70分 討論 〔日本側〕
    ①作野 広和(島根大学教育学部 教授)
    ②川本 敦久(金沢卯辰山工芸工房 館長)
    〔韓国側〕
    ①洪炅周(行政安全部 地域均衡発展課 事務官)
    ②車美淑(国土研究院 選任研究委員)
    ③李濟淵(韓国地方行政研究院 副研究委員)







































    【日本側基調講演】
    「金沢の伝統と創造のまちづくり」
    金沢市 市長 山野 之義 氏
    地域に残る歴史的価値の高い建築物やまちなみと伝統文化の保全、それらを活かしたまちづくりについて、全州市との姉妹都市交流も交えて発表いただきました。



    【韓国側基調講演】
    「世の中を変える力は、想像力と勇気、そして社会的絆」
    全州市 市長 金承洙 氏
    全州市の人口政策について、出産・子育てに加えて、住居・雇用・教育など多様な角度
    から、持続可能な都市づくりに向けた取り組みを発表いただきました。


    【韓国側主題発表】
    「人口減少地域における活性化対策とは?」
    韓国地方行政研究院 副研究委員 李濟淵 氏
    首都圏の人口集中と地方の人口減少の現状を紹介した上で、人口活性化戦略のあり方につ
    いて発表いただきました。


    【日本側主題発表】
    「過疎地域における住民主体の地域づくりと小規模・高齢集落の実態」
    島根大学教育学部 教授 作野 広和 氏
    人材確保、地域機能維持に向けた課題などを紹介した上で、地域の実情に合わせた地域創
    生の事例について発表いただきました。


    (4)総合討論
    座長として、 慶北大学校 黃晳俊 教授による進行の下、主題発表者に加えて、日本側から
    は金沢卯辰山工芸工房 川本敦久 館長、韓国側からは、行政安全部 洪炅周 事務官、国土
    研究院 車美淑 選任研究委員が参加しました。
    基調講演及び主題発表に対する感想を、各参加者の立場で発表いただき質疑応答を行うこと
    で、日韓が直面している地域創生に向けた課題について理解を深めました。