HOME > クレアソウルの取り組み > 韓国地方行政研究院との連携

韓国地方行政研究院との連携

過去の開催実績

  • 2017年 共同セミナー
  • 2017 日韓共同セミナー
  • 2017-12-14
  • ソウル事務所では、2009年度に韓国地方行政研究院(KRILA)*と「協力及び情報交流に関する協約(MOU)」を締結し、研究会及びセミナーの開催を毎年共同で行っています。
    今年度は、「人口減少に対応した観光振興及び地域資源開発」をテーマに開催し、人口減少の進む地方都市における地域資源開発や観光振興施策について、日本側は達増拓也岩手県知事に、韓国側は宋河珍全羅北道知事に基調講演をいただきました。セミナーには約150名の地方行政関係者等の参加がありました。
     
    *韓国地方行政研究院(KRILA)・・・韓国行政安全部の傘下で、韓国の地方自治に関して総合的な政策研究を行う機関 [http://www.krila.re.kr/]


    『2017日韓共同セミナー』
     
    【概要】
    1 日時:2017年11月15日(水)14:00~18:00
    2 場所:大韓商工会議所 議員会議室(ソウル特別市内)
    3 主催:日本自治体国際化協会ソウル事務所、韓国地方行政研究院、ソウル新聞
    4 主題:人口減少に対応した観光振興及び地域資源開発
    5 プログラム:
     
    時間 式順 詳細内容
    14:00~
    14:30
    開会の辞 金銑基(韓国地方行政研究院長権限代行)
    歓迎の辞(日本) 岡本保(自治体国際化協会理事長)
    歓迎の辞(韓国) 金榮晩(ソウル新聞社代表取締役・発行人)
    代読:李慶衡(ソウル新聞社常務取締役・主筆)
    祝辞 長嶺安政(駐大韓民国日本国特命全権大使)
    14:30~
    15:00
    基調講演(韓国) 「人口減少に対応した全北トータル観光政策」
    宋河珍(全羅北道知事)
    15:00~
    15:30
    基調公演(日本) 「人口減少に対応したふるさと振興及び観光振興」
    達増拓也(岩手県知事)
    15:30~
    15:40
    休憩
    15:40~
    16:40
    座長 林承彬(韓国地方自治学会長・明知大学教授)
    主題発表(日本) 「人口減少に対応した観光振興及び地域資源開発」
    高田寛文(政策研究大学院大学教授)
    主題発表(韓国) 「人口減少に対応した江原道の地域観光活性化事例」
    李英珠(江原研究院研究委員)
    16:40~
    16:50
    休憩
    16:50~
    18:00
    総合討論 討論者(主題発表者以外)
    風早正毅(総務省自治行政局国際室長)
    金香子(文化観光研究院統計評価センター長)
    尹浵旭(行政安全部地域共同体課長)
    李沼映(地方行政研究院地域発展研究室長)
    岩間隆(岩手県企画理事)
    朱炳喆(ソウル新聞社地方自治研究所長)


    【韓国側基調講演】 
    「人口減少に対応した全北トータル観光政策」 
    全羅北道知事 宋河珍 氏
     日本の地方都市同様に少子化が進む全羅北道では、地方の未来成長戦略は観光から見出すとし、全羅北道の「トータル観光(Total Service Tourism)」政策及びグローカル観光事例(全州韓屋村)についてご発表いただきました。(韓屋=韓国の伝統家屋)
     
    詳細については、発表資料をご覧ください。
    発表資料 「人口減少に対応した全北トータル観光政策」(PDF)


    【日本側基調講演】
     「人口減少に対応したふるさと振興及び観光振興」
    岩手県知事 達増拓也 氏
    2011年3月11日に発生した東日本大震災津波からの復旧・復興や、「岩手県人口ビジョン」・「岩手県ふるさと振興総合戦略」(2015年10月策定)及び「いわて国際戦略ビジョン」(2017年3月策定)を中心に岩手県の紹介や施策をご発表いただきました。
     
    詳細については、発表資料をご覧ください。
    発表資料 「人口減少に対応したふるさと振興及び観光振興」(PDF)


    【日本側主題発表】
    「人口減少に対応した観光振興及び地域資源開発」
    政策研究大学院大学教授 高田寛文 氏
    今回のセミナーのテーマについて、日本における状況を国全体の視点からご発表いただきました。
     
    詳細については、発表資料をご覧ください。
    発表資料 「人口減少に対応した観光振興及び地域資源開発」(PDF)


    【韓国側主題発表】
    「人口減少に対応した江原道の地域観光活性化事例」
    江原研究院研究委員 李英珠 氏
    2018年冬季オリンピックの会場である平昌郡・江陵市を擁す江原道について、人口及び観光の現況をご紹介いただきました。
     
    詳細については、発表資料をご覧ください。
    発表資料 「人口減少に対応した江原道の地域観光活性化事例」(PDF)


    【総合討論】
    主題発表者のほか、総務省自治行政局国際室長や韓国行政安全部地域共同体課長を交え、基調講演及び主題発表に対する感想や国が行う施策について実例を挙げた説明等が行われ、日韓共通の課題への理解を深めました。