HOME > クレアソウルの取り組み > 韓国地方行政研究院との連携

韓国地方行政研究院との連携

過去の開催実績

  • 2016年 共同セミナー
  • 2016日韓共同セミナー
  • 2016-12-20
  • 「日韓の自治体における少子化・人口減少への対応政策」をテーマに共同セミナーを開催しました。
     
    【概要】
    1 日時:2016年11月30日(水)14:00~18:00
    2 場所:大韓商工会議所 議員会議室
    3 主催:日本自治体国際化協会、韓国地方行政研究院、ソウル新聞
    4 主題:日韓の自治体における少子化・人口減少への対応政策
    5 プログラム:
    時間 式順 詳細内容
    14:00~
    14:30
    開会の辞 河慧洙(韓国地方行政研究院 院長)
    歓迎の辞 岡本保(日本自治体国際化協会 理事長)
    歓迎の辞 金榮晩(ソウル新聞社 代表取締役・発行者)
    祝辞 長嶺安政(駐大韓民国 日本国特命全権大使)
    14:30~
    15:00
    基調講演 「広島県の少子化・人口減少対策」
    湯﨑英彦(広島県知事)
    15:00~
    15:30
    基調講演 「少子化を克服するための世宗市の努力」
    李春熙(世宗特別自治市 市長)
    15:30~
    15:40
    休憩
    15:40~
    16:40
    座長 李達坤(前行政安全部 長官、嘉泉大学 教授)
    主題発表Ⅰ 「少子・高齢社会と人口減少に対する国と地域の対応」
    金順殷(ソウル大学 行政大学院 教授)
    主題発表Ⅱ 「日本の自治体における少子化・人口減少対策」
    高田寛文(政策研究大学院大学 教授)
    16:40~
    16:50
    休憩
    16:50~
    18:00
    討論 討論者(主題発表者以外)
    姜昌德(中央大学 都市計画不動産学科 教授)
    三田 利江子(広島県 健康福祉局 働く女性・子育て支援部長)
    安承大(行政自治部 自治行政課長)
    吳一萬(ソウル新聞 論説委員)
    李沼映(韓国地方行政研究院 地域発展研究室長)



    【日本側基調講演】
    「広島県の少子化・人口減少対策」
     広島県知事 湯﨑英彦 氏

     少子化の主な要因について課題を分析するとともに、解決のための方策として広島県が実施している多様な事業についてご紹介いただきました。結婚・出産支援だけでなく、ICTを活用した働き方改革等、子育てをしながら働きやすい環境づくりに取り組まれています。
     詳細については、発表資料をご覧ください。

    発表資料「広島県の少子化・人口減少対策」



    【韓国側基調講演】
    「少子化を克服するための世宗市の努力」
     世宗特別自治市長 李春熙 氏
     2015年までに40の中央行政機関、15の国策研究機関が移転した新しい都市である世宗特別自治市からは、出産奨励政策や韓国内の少子化対策事例等についてご紹介いただきました。
     詳細については、発表資料をご覧ください。

    発表資料「少子化を克服するための世宗市の努力」



    【韓国側主題発表】
    「少子・高齢社会と人口減少に対する国と地域の対応」
     ソウル大学 行政大学院 教授 金順殷 氏


    日本よりも早いスピードで進む韓国の少子・高齢化について、統計データ等を元に分析し、社会保障の地域間格差の是正や、年金制度の改善など、今後行うべき方策を提示されました。
     詳細については、発表資料をご覧ください。


    発表資料「少子・高齢社会と人口減少に対する国と地域の対応(テキスト)」
        「少子・高齢社会と人口減少に対する国と地域の対応(PPT)」




    【日本側主題発表】
    「日本の自治体における少子化・人口減少対策」
     政策研究大学院大学 教授 高田寛文 氏


     既婚者の出産や未婚者の恋愛・結婚に関する価値観の変化について示されるとともに、国と地方で行われている少子化対策の取り組みについてご紹介いただきました。
     詳細については、発表資料をご覧ください。

    発表資料「日本の自治体における少子化・人口減少対策」



    【総合討論】
     日韓の発表者及び討論者を交え、国と地方の役割や、若者が結婚出来ない理由の一つでもある就職難等、幅広い議論が行われました。