HOME > クレアソウルの取り組み > 大韓民国市道知事協議会との連携

大韓民国市道知事協議会との連携

事業目的

ソウル事務所では、大韓民国市道知事協議会(GAOK)と連携し、日韓の地域間交流を推進するため、2015年度より共同でセミナー等を開催しています。

2015年度は、日韓友好交流を更に推進するため、「朝鮮通信使」をテーマとした国際シンポジウムを開催しました。

大韓民国市道知事協議会(GAOK)
韓国全国の広域地方自治団体の長で構成される協議体で、地方分権の実現と地方政府の共同事業の体系的な推進に係る事務を担う。
「大韓民国市道知事協議会」ウェブサイト

事業内容

『朝鮮通信使国際シンポジウム』

概要

日   時 2016年2月26日(金)14:30~17:40
場   所 プレスセンター 国際会議場
主   催 日本自治体国際化協会ソウル事務所、大韓民国市道知事協議会
後   援
主   題 朝鮮通信使の精神から学ぶ日韓関係
基調講演テーマ
及び講演者
基調講演①
「朝鮮通信使はなぜ日本に行ったのか」
江原大学校史学科 教授 孫承喆 氏
基調講演②
「日本での朝鮮通信使の足跡」
朝鮮通信使ユネスコ記憶遺産日本学術委員会 委員長 仲尾 宏 氏
プログラム 添付資料を参照

当日内容

基調講演①
「朝鮮通信使はなぜ日本に行ったのか」
江原大学校史学科 教授
孫承喆 氏

文禄・慶長の役(壬辰倭乱)による混乱の時代を、平和の時代へ転換する役割を果たした朝鮮通信使について、詳しくご説明いただきました。
また、朝鮮通信使から現在へのメッセージとして、「過去の共有」、「現在への共存」、「未来での共生」を挙げられました。

さらに、朝鮮通信使がユネスコ世界記憶遺産へ登録申請されることについて、

  • 朝鮮通信使は両国一緒に生み出した共同の歴史
  • 遺産は両国の共同文化遺産
  • 日韓友好交流の象徴
  • 朝鮮通信使関連共同文化事業 積極奨励
  • 日韓国家事業として拡大 拡散
の5点を挙げ、今後ますますの日韓友好交流の推進に寄与されることを期待されました。

基調講演②
「日本での朝鮮通信使の足跡」
朝鮮通信使ユネスコ記憶遺産日本学術委員会 委員長
仲尾 宏 氏

朝鮮通信使の日本における足跡について、江戸時代以降の動きをご説明いただきました。
江戸時代以降、12回の「朝鮮通信使」の歴史のうち、1607年の第1回から1624年の第3回目までは、豊臣秀吉政権時代の戦争(文禄・慶長の役)の終戦処理としての意義を持つもので、その間、徳川政権は友好関係の回復に非常に積極的であったと解説いただきました。
その後、国交回復後には、通信使は、外交使節団として将軍の交代時期に日本からの招請に応じる形で朝鮮から送られました。この間、「大君」→「国王」→「大君」といった徳川将軍の他称についての変動や儀式の簡素化などが行われつつも、約200年間にわたり「通信」という言葉の本来の意味(「信(よしみ・信頼の意味)を通わす」)とおりの役割を果たした朝鮮通信使の意義をご説明いただきました。
また、仲尾委員長からは、朝鮮通信使に関わった日本側の人物の中で、雨森芳洲の思想についてもご紹介いただきました。
雨森芳洲の思想のポイントとして、「多文化共生」、「歴史に対する真摯な反省」、「外交は『誠信』の交わり」を挙げられました。特に、「外交では互いに争わず欺かず真実をもって挑むべきとする『誠信の交わり」の姿勢」は、現代の外交においても、その精神がより深く理解されるべきだと強調されました。

朝鮮通信使のユネスコ記憶遺産登録申請について経過報告
「ユネスコ記憶遺産登録を目指して」
NPO法人朝鮮通信使縁地連絡協議会 事務局長
阿比留 正臣 氏

2016年3月に日韓の民間団体(日本側:NPO法人縁地連絡協議会/韓国側:釜山文化財団)が共同で、朝鮮通信使をユネスコ記憶遺産へ登録申請を行うことについて、その経過をご説明いただきました。

特に、日韓共同でユネスコ記憶遺産登録に取り組む理由について、

  • 朝鮮通信使は日韓・東アジア・世界平和を志向した平和遺産である
  • 2012年に韓国側から共同登録の提案があり
  • 多国間の共同申請はユネスコの申請件数の制限を受けない(ユネスコは多国間登録申請を奨励)
  • 2015年は日韓国交正常化50周年
の4つを挙げて詳しくご説明いただいたうえ、日韓申請団体が作成した朝鮮通信使の広報動画を上映いただきました。今回、ソウルの地で素晴らしい報告をいただいたことで、記憶遺産登録申請の機運が大いに高まりました。

討論

日韓の討論者を交え、各基調講演の内容を掘り下げるとともに、民間レベルなど多様なレベルでの日韓交流の重要性や、韓国での朝鮮通信使に対する認知度向上方策、さらにはユネスコ記憶遺産へ登録された後の活用方法など、さまざまな意見が交換されました。