HOME > 自治体や関係機関からの情報

自治体や関係機関からの情報

  • 『大山開山1300年祭』や『大山御幸行事』など鳥取県の大山について紹介します。
  • 2017-07-13
  • 2017-05-24 10.28.27.jpg

    2017-05-24 10.29.10.jpg

    2017-05-24 10.50.50.jpg

    2017-05-24 11.14.09.jpg

  • <日本の自治体(鳥取県米子市)からのお知らせ>
     『大山開山1300年祭』や『大山御幸行事』など鳥取県の大山について紹介します。
     
    みなさん、こんにちは。鳥取県米子市で国際交流を担当しています、李 佳仁(イ·ガイン)と申します。今日は皆さんに中国地方で一番高い山である大山をご紹介いたします。
     
    大山は鳥取県にあります。韓国の東海(トンヘ)市からフェリーに乗って鳥取県の境港を訪れる韓国人観光客が大山によくいらっしゃいます。
     
    来年、2018年は大山が山岳信仰の地として開山して1300年を迎える特別な年です。大山は特に平安時代に仏教化が広がり、100か所以上のお寺と3,000人以上の僧兵をかかえたそうです。長い歴史を持っている大山開山1300年を記念して今年と来年は特別なイベントがいろいろと行われる予定です。興味のある方はぜひお越しください。
     
    様々なイベントの中でも、特に今年の5月24日には、安全や繁栄を祈願して、大山に向かって行列をなして歩く、「御幸(みゆき)」行事が行われました。この行列行事は一時期中断されたこともありましたが、1987年から再開されました。毎年1回行われていたのが2011年からは3年に1回行われるようになりました。 
     
    3年に1回しか見られない貴重な体験をして来ました。男性だけがみこしをかつぐことができます。子どもから年配の方まで多くの人々が参加しました。行列を見るために各地からいろんな方が大山を訪れました。今年は日本人だけではなく、韓国人留学生をはじめ、ベトナムとインドネシアの方々も参加してすごく意味のある有意義な時間となりました。
     
    みなさんも大山に来ていい運気を受けて帰るのはいかがでしょうか。冬にはスキー場が利用できるし、大山は牧場が有名で、甘くて濃厚な牛乳ソフトクリームも思う存分食べられます。
     
    3年後に大山に来られて地域住民と一緒にみこしをかつぐのはいかがでしょうか。
     
    ●大山http://www.daisen.gr.jp/
    ●御幸行事http://www.daisen.jp/p/kankou/4/yamagawa/67/1/